スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACO

ACO
ACO
生年月日:不明
出身地:愛知県
経歴

中学時代からその容姿端麗さは注目され、マルヤン・ペジョスキら有名デザイナーズブランドのモデルとしても活動。若い頃からクラブに入り浸り、クラブミュージックに浸る。

一方で学力も優秀で、愛知県のトップクラスの進学率を誇る高校に入学。

が、高校在学中に理不尽な(本人談)停学処分を受ける。
その後自分の歌のデモをとり続けるようになり、前所属事務所HIT STREETに送ったデモテープが関係者の耳に止まったのがきっかけで、1995年シングル「不安なの」でメジャーデビューする。

その後順調にリリースを続けるが、1998年に事務所が経営不振に陥り、HIT STREETは解散。現事務所キューン・レコードに移籍する。

この間、結婚と妊娠、出産を経験し母となるが、結婚相手の名前は公表されず。
その後現在に至るまで、まるでタブー視されるかのごとくインタビューには一切夫や子供の話はでてこなくなる。

そのため、ファンの間では離婚説が流れている。

1999年、ドラゴン・アッシュらとともにリリースしたシングル「Grateful Days」がミリオンセラーを記録。
同年、テレビドラマ「砂の上の恋人たち」のテーマソングとなり、電気グルーヴ脱退後の初仕事となる砂原良徳のプロデュースを受けた「悦びに咲く花」が30万枚を越すヒット。

その後リリースしたアルバム「Absolute Ego」も売り上げ10万枚に達し、ACOの名前は一気に全国区となる。

2002年、ROCK IN JAPAN FESTIVAL出演直前、交通事故に遭いアゴの骨を骨折、フェス参加を中止する騒ぎに。

その後も、トリッキー、アルファ、エイドリアン・シャーウッド、ムーム、澤井妙治(portable[k]omunity)、渋谷慶一郎(ATAK)といったプロデューサーとともに作品をリリース。

2003年のアルバム「irony」リリース後は、ドイツに住居を移し、長期の創作活動に入る。

プロデューサーに澤井妙治とCarsten Nicolaiを起用、アルバム「irony」の流れを受けたダークなエレクトロニカミュージックとして一枚のアルバムを完成させたが、ACOが「もう暗いのとか、実験的な音楽とかやりたくない」と言い、発売は中止。他にも「英語が通じない」「食べ物が安いけど、まずい」 「お店が行きたいときやってない(ヨーロッパは開店法により、就業時間が法律で厳しく制限されているため、夕方以降や、日、祝日はほとんどの店が閉店する。
中でもドイツは厳しく、24時間体制のコンビニエンスストアの営業も許されていない。)」など、ACOの不満は多々あったらしく一年で帰国。

澤井妙治・黒川良一を携えての、スウェーデンでのライブを経験しつつ、帰国後、澤井妙治、kj(Dragon ASh)、砂原良徳、Aoki Takamasaら日本のプロデューサーを迎えたミニアルバム「Mask」をリリース。
前作から、約3年ぶりのリリースとなる。

2006年、ACOと澤井妙治、そしてドラムにlostageのtanaka-kunを加えた三人でGolden Pink Arrow♂を結成。国外の活動も視野に入れ、全編英語詩の歌のデモをmyspace上で公開。
ライブを重ね、2006年12月にはギターのsimmy-changも加入。2007年リリース予定のアルバム目指して活動を続ける。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


 

最近追加されたプロフィール

五十音順

ブロとも申請フォーム

血液型別

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。